ビル・セキュリティシステム市場に参入「ビルNYC(ナイス)」発売開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
右側から標準エントランス受付パネル・オフィス内受付電話機・管理者向けスマートフォン画面

2018年07月18日

株式会社 ナカヨ

【ビル・セキュリティシステム市場に参入】「ビルNYC(ナイス)」発売開始

株式会社ナカヨ (本社:群馬県前橋市、代表取締役社長:谷本佳己、株式コード:6715、以下 ナカヨ)は、昨今のオフィスビルの新築数増大に対応し、ビル・セキュリティシステム「ビルNYC(ナイス)」(以下ビルNYC)を、7月17日に発売いたしました。
ナカヨはかねてより、ビルの受付システムを納入し多数の納入実績を持っておりますが、「ビルNYC」はそのノウハウを標準化し、導入しやすいシステムとして建築会社・ビルデベロッパー向けに提供いたします。

<「ビルNYC」の特長>
① システムを導入することで、ビル管理業務の効率化、サービス向上を図れます。
・テナントビルなどにおける受付の無人化が可能
・管理者がビル内巡回時でも、管理室への連絡を受けられるなどの利便性向上
② ユーザインタフェ-スの簡易な設定変更が可能です。
・ビル訪問者が最初に触れる受付画面のカスタマイズにより、様々な要望に対応
・利用開始後の各フロアの部署名変更なども簡易に対応可能
・ビル居住者向けに豊富な受付端末をご用意。操作性の個別設定も可能
③ 各種ビル設備等との連動による<ビルIoT>への拡張性があります
・ビルセキュリティーで必須の、エレベータや自動扉等との連動により、ビル訪問者への快適なお迎えとセキュリティーを両立可能
・フルIPのシステムなので、LAN配線利用によりフロアのレイアウト変更などに合わせた、増設・移設が容易
④ 監視カメラの設置ができないエリア(脱衣所・トイレ)向けのセキュリティーオプションもご用意しています。
・同一システムで、脱衣所・トイレ向けの緊急通話システムも追加可能
・緊急通報も管理室(者)に入り、呼出した人と会話ができるため、緊急対応や誤報による無駄な出動を防止

ナカヨは、市場規模 約900億円/年(*2)のインターホン市場に対し、集合住宅向けにはイタリアComelit社と提携した「IPインターホン(2017年発売)」、オフィスビル向けには「ビルNYC」で居住者の満足度向上を図り、今後ナカヨの大きな柱となる事業をめざして注力して参ります。

尚、このシステムは、ナカヨ電子サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川智之)が販売いたします。

●参考価格:10階建てビルで[標準エントランス受付パネル]×1台、[オフィス内受付電話機]×20台で利用の場合の機器、アプリケーション及びライセンス費用  
約420万円~(税、工事費、Wi‐Fi機器別途)

●納入開始日  2018年7月17日(火)

*1:あらかじめWi‐Fiなどご利用環境の確認が必要です。また利用可能なスマートフォンの機種等につきましてはお問い合わせください。 
*2:一般社団法人インターホン工業会のインターホン用途別出荷実績統計による。
   参考:[2017年度国内出荷実績(住宅用・業務用総計)値:M\91,340]

注)・「ビルNYC(ナイス)」はナカヨが防犯・防災監視装置他に関する商標登録を出願中です。
・「NYC」はナカヨの電気機械・通信機器に関する登録商標です。
・その他記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

☆本ニュース・リリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。発表日以降に仕様などの情報が変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。