池波正太郎原作の新作時代劇漫画「雨の首ふり坂」、WEBにて無料公開!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
漫画版「雨の首ふり坂」作画/山崎峰水

2018.7.20

時代劇専門チャンネル

時代劇専門チャンネルが手掛けるオリジナル時代劇、WEBにて待望の漫画化決定!!
池波正太郎時代劇スペシャル「雨の首ふり坂」
本日より時代劇専門チャンネル公式サイトにて無料公開!!

日本映画放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉田成道)が運営する時代劇専門チャンネルと株式会社リイド社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:齊藤 哲人)は、時代劇専門チャンネルのオリジナル時代劇最新作「池波正太郎時代劇スペシャル『雨の首ふり坂』」(原作:池波正太郎 主演:中村梅雀)を放送にあわせて漫画化いたしました。漫画版「雨の首ふり坂」は、本日7月20日(金)より時代劇専門チャンネルの公式サイトに順次無料公開されます。時代劇専門チャンネルが映像化にあわせてオリジナル時代劇を漫画化するのは本作が初めてとなります。
なお、オリジナル時代劇「池波正太郎時代劇スペシャル 雨の首ふり坂」は7月21日(土)よる7時30分から時代劇専門チャンネルにて放送されるほか、同日よりユーロスペース(東京・渋谷)にて1週間限定で特別上映されます。漫画版とあわせてお楽しみください。

無料公開をご覧になるにはコチラ↓↓
URL:https://www.jidaigeki.com/special/book/amenokubifurizaka/index.html

【「池波正太郎時代劇スペシャル 雨の首ふり坂」あらすじ】
一人の老いた渡世人・源七(中村梅雀)は、奇妙な運命の糸に手繰られるように、信州小諸の首ふり坂へ向かっていた―。
殺しを請け負い、諸国を渡り歩いてきた源七。長い旅路の果て、自身の因縁に決着をつけるため、大きな決断を下すのだった。

【漫画版作品概要】
作画:山崎峰水 
シャープなタッチを作風とする実力派漫画家。
代表作に漫画原作者・大塚英志とコンビを組んだ 「黒鷺死体宅配便」(KADOKAWA)などがある。

原作・題字:池波正太郎 脚本:大森寿美男
共同制作:時代劇専門チャンネル コミック乱編集部 
協力:J:COM 松竹
公式サイト:https://www.jidaigeki.com/special/book/amenokubifurizaka/index.html

【映像版作品概要】
原作・題字:池波正太郎(戯曲「雨の首ふり坂」/「雨の杖つき坂」新潮文庫『上意討ち』所収)
監督:河毛俊作 脚本:大森寿美男 音楽 : EGO-WRAPPIN'
企画・プロデュース:宮川朋之 
制作:時代劇専門チャンネル J:COM 松竹
主演:中村梅雀 
公式サイト:https://www.jidaigeki.com/kubifurizaka/