海南航空が2018年スカイトラックス・ワールド・エアライン・アワードで8年連続5つ星航空会社に認定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

海南航空が2018年スカイトラックス・ワールド・エアライン・アワードで8年連続5つ星航空会社に認定

AsiaNet 74439 (1260)

【ロンドン2018年7月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*海南航空はスカイトラックスの世界の航空会社トップ10ランキングで8位に

世界の航空会社および空港の評価とランキングの主要なサイトであるスカイトラックス(SKYTRAX)は18日、ロンドンのLangham Hotelで行われた待望の授賞式で2018年ワールド・エアライン・アワード(2018 SKYTRAX World Airline Awards)の受賞者を発表した。海南航空(Hainan Airlines Holding Co., Ltd.「Hainan Airlines」)はスカイトラックスの5つ星航空会社に8年連続で選出されるとともに、「Best Business Class Amenities」「Best Airline China」および「Best Airlines Staff in China」を受賞した。海南航空は2017年に初めてスカイトラックスの世界の航空会社トップ10に登場した後、今年は8位にランクを上げ、中国本土をベースとする航空会社として初めて2年連続でこの栄誉に輝いた。

航空会社および空港サービスに特化した調査・コンサルティングサービスの著名な世界的プロバイダーであるスカイトラックスは、世界の航空会社および空港の年間ランキングを発表し、世界中の業界関係者および旅行者から高く評価されている。スカイトラックスの世界の航空会社トップ10の選出は100カ国以上の2445万人の旅行者の投票に基づいている。スカイトラックスの賞は航空業界のオスカーとみなされている。トップ10リストの作成は、航空会社の商品・サービス、機内エンターテインメント、機内食サービスおよびその他の施設・サービスを乗客が評価するよう求める総合的な航空旅客満足度調査に基づくものである。

授賞式で、スカイトラックスのエドワード・プレイステッド会長はHNA Groupのチェン・フェン会長に賞を授与しながら「海南航空は世界で最も急成長している航空会社の1つである。今日、海南航空は8年連続でスカイトラックスの5つ星航空会社に選定される栄誉に輝き、スカイトラックスの世界の航空会社トップ10ランキングで8位に上昇し、2つの受賞は同航空会社のオペレーションの質の高さを示している。航空サービスで先導的地位にあることに加え、そのブランドが市場での地位を高め続ける中、海南航空は世界の旅行者から好意的なフィードバックを得ている」と述べた。

式典でチェン氏は「スカイトラックスの5つ星航空会社を8年連続で受賞し、スカイトラックスの世界の航空会社トップ10ランキングで8位に入賞したことは、当社のサービスの品質と最高水準の飛行安全性達成へのたゆまぬ専心の証左である。中国にルーツを持つ海南航空は世界トップクラスの航空会社の1つおよび世界的に認められたアイコニックな中国のブランドとなることにコミットしている。当社はオンタイムの発着を確保し、革新的な機内体験を提供し、Beauty of the Orient (東洋の美)のブランドイメージを活用することによりサービスの卓越性を求めて努力する世界一流の航空ブランドを創出した。このことは当社が行うすべてのことに傾ける情熱、効果的なチームの協力およびサービスに対する乗客本位のアプローチによって可能となる」と語った。

国際航空会社として、海南航空は丹念につくり上げたサービスによって世界有数のブランドを構築することに専心している。当社は、環境保護、安全性とインテリジェンス、および世界の旅行者にその期待をはるかに上回る旅行体験を提供するという目的に重点を置いて商品を刷新しサービスを向上し続ける。海南航空は、広胴型機の中でもボーイング787-9およびエアバスA330のフリートを拡大し、ビジネスクラスのキャビンへのReverse Fishbone型の座席配置導入を含むキャビンおよびデバイスの向上を実施し、機内のHaichef料理サービスの一環として食通の特別なダイニング体験を提供することにより、空の旅の体験を向上させることにコミットし続ける。さらに当社は、ソフィテルと共同で設計したDreamFeather寝具、クラランスおよびサムソナイトによる新たなアメニティーを含む、乗客に快適さを提供する一連のハイエンドなサービスであるHaiDreamも開始した。地上サービスおよび施設を向上させる取り組みの一部として、海南航空はこのほど、既に営業中である一連のHNAClub VIPラウンジを展開し、これには北京空港および西安空港にあり国際線を待つ海南航空の顧客が利用できるPrime Wings Loungeおよび西安空港および杭州空港にあり国内線を待つ乗客用のVIPラウンジであるHNA Clubが含まれる。海南航空はサービスの向上により乗客の特別なニーズにも応じており、機内での携帯電子機器の使用を可能とし客室へのペット同伴を認めている。

海南航空は国際水準に完全に準拠する航空会社となることに成功したことを背景に、国際線のネットワークを拡大している。中国政府の「一帯一路」構想に即して、当社はこの構想が対象とする国・地域への100を超す空路を開設し、Silk Road Economic Belt(シルクロード経済圏)および21st Century Maritime Silk Road(21世紀海のシルクロード)の主要な輸送手段プロバイダーになりつつある。2018年上半期、当社は、海口-シドニー、深セン-ブリュッセル、深セン-マドリード、長沙-ロンドン、深セン-天津-バンクーバーを含むいくつかの長距離国際線サービスを開始した。さらに広州-テルアビブ、深セン-チューリヒおよび深セン-ウィーンを含む路線開設が下半期に予定されている。

2018年中に、海南航空はその空路の世界的ネットワークを拡大し続け、国際的なブランドを一層向上させ成長させる。HNA Groupのミッションの一環として、海南航空は、複数の国・地域への相互接続路線で構成する空の架け橋を構築し、サービスと製品を改良し、乗客体験を継続的に向上し、海南の自由貿易試験区への転換を支援し、民間航空部門の同業他社に加わり国の発展を支援し、乗客の進化し続けるニーズに応え続ける。

ソース:Hainan Airlines Co., LTD