ConferenceSeries、世界の医療関係者を集めて小児科学研究に新しい光を当てる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ConferenceSeries、世界の医療関係者を集めて小児科学研究に新しい光を当てる

AsiaNet 74474 (1273)

【ロンドン2018年7月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*小児科学のConferenceSeriesは2019年からオンサイト(現地)およびオンラインで医学会議を開催

ConferenceSeriesの小児科会議(https://world.pediatricsconferences.com/ )は、社会経済と文化的発展で優れた肉体的・精神的適合社会を建設するため、健康な新生児の生きる力を高める。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/554693/Conference_Series_Logo.jpg

子どもは季節病や遺伝性慢性疾患にかかりやすい。大気の変化に伴う突発性・1次疾患によって、子供は咳(せき)や風邪、インフルエンザ、下痢、胃腸炎、発熱、呼吸器感染を引き起こす。こうした症状は空気や水、食品を媒介して発生し、子どもを大いに悩ませ、脱力感や不眠、消化不良につながり、手遅れになると病気や死に至ることもある。子どもが糖尿病や高血圧、肥満、遺伝性疾患の他、注意欠陥・多動性障害(ADHD)や不安症、うつ病などの精神疾患にかかるケースも増えている。子どもの健康不調は、人口統計的・社会動態的な均衡への影響を除いても、社会に対して大きな経済負担になっている。今回の国際会議は小児栄養学、小児免疫学、小児血液・腫瘍学、消費アレルギー、小児心臓学、小児神経学、小児心理学、小児緊急措置など小児科学の最新かつ斬新なイノベーションに焦点を絞っている。

Omics International(https://www.thehindu.com/todays-paper/tp-national/tp-andhrapradesh/leadership-award-to-omics-ceo/article24197794.ece )の最高経営責任者(CEO)であるスリヌバブ・ゲデラ博士(https://www.thehindubusinessline.com/news/scientific-publisher-omics-scripts-major-expansion-plans-1000cr-investment/article10035789.ece )によると、ConferenceSeriesは2019年から、さまざまな医学、ヘルスケア、その他の科学領域でパートナー企業と連携してオンラインの科学イベントを開催する。

世界の小児死亡の負担は年ごとに増大している。世界保健機関(WHO)の推計では、5歳以下の子ども880万人が毎年、死亡している。380万人の子どもは出生後30日以内に死亡しており、新生児死亡の36%は感染症によるものだ。世界の小児医療市場は2013年当時で推定807億ドル規模だった。2014年にほぼ836億ドルになり、2019年には1007億ドルに達すると予想される。最新の分析予想によると、世界の小児医療市場は2018-2021年に毎年4.97%拡大していく見通しだ。

Conference seriesの大規模なCME(医学生涯教育)小児科学会議(https://www.conferenceseries.com/cme-pediatrics-meetings )には、臨床小児科学(https://clinicalpediatrics.pediatricsconferences.com/ )、小児心臓学、小児外科、小児栄養学、小児1次医療、小児神経学、新生児学が含まれる。ConferenceSeriesはOmics Group(https://indianexpress.com/article/business/business-others/omics-international-to-launch-in-hyderabad-soon/ )と提携して会議録を発行する。年間3000回を超える国際会議(https://www.omicsonline.org/international-scientific-conferences/ )を開くConference Seriesは、一連の世界会議を通して最新の診断、治療、リハビリテーションに関する新しい研究の奨励を目指している。

▽問い合わせ先
Pediatrics Conferences
contact@conferenceseries.com
+1-888-843-8169

ソース:ConferenceSeries