電通、英国におけるクリエーティブ関連サービスを強化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2018年X月XX日

株式会社 電 通

電通、英国におけるクリエーティブ関連サービスを強化
大手クリエーティブエージェンシー「ホワイトスペース社」の株式100%取得で合意

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」※を通じて、英国の大手クリエーティブエージェンシー「Whitespace (Scotland) Limited」(本社:エディンバラ市、Joint Managing Partners:Iain Valentine and Phillip Lockwood-Holmes、以下「ホワイトスペース社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

 1997年に設立されたホワイトスペース社は、デジタルとブランドデザインに注力して、英国スコットランドの有力クリエーティブエージェンシーとして成長を遂げてきました。現在では約70名の従業員を抱え、ブランド戦略の策定、デジタル広告の制作、コンテンツ開発からモバイル、AR・VRなどの統合キャンペーンに至るまで、同社ならではの専門的サービスを多様な顧客企業に提供しています。

 当社グループは本件買収を通じて、英国におけるクリエーティブ関連のサービスを強化し、同国における事業規模およびビジネス領域の拡大を図っていきます。

 なお、本件が当社の2018年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。

※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(本社:英国ロンドン市)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu (Dentsu Brand Agencies)、dentsu X、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

【ホワイトスペース社の概要】
社名:Whitespace (Scotland) Limited(ホワイトスペース社)
本社所在地:英国エディンバラ市
設立:1997年1月
株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):383.6万ポンド(約5.6億円)(2017年12月期)
代表者:Iain Valentine、Phillip Lockwood-Holmes(Joint Managing Partners)
従業員数:約70名
事業内容:クリエーティブ領域全般のサービスを提供