ドバイ・ホールディングとエマールが「Dubai Square」で商業新時代に挑戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ドバイ・ホールディングとエマールが「Dubai Square」で商業新時代に挑戦

AsiaNet 74517 (1301)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2018年7月24日PR Newswire=共同通信JBN】ドバイ・ホールディング(Dubai Holding)とエマール・プロパティーズ(Emaar Properties)はアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに、次世代技術を取り入れて近代的小売りと娯楽の領域を広げる新たな商業メトロポリス「Dubai Square(ドバイスクエア)」の開設を発表した。Dubai Squareはドバイ国際空港とエマールによる代表的なブルジュ・ハリファからわずか10分の、6平方キロメートルの巨大開発区ドバイ・クリーク・ハーバーの中心に位置する。

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/722161/Emaar_Arena___Dubai_Square.jpg
Photo: https://mma.prnewswire.com/media/722162/Boulevard_at_Dubai_Square.jpg
Video:
https://mma.prnewswire.com/media/722181/Dubai_Square_at_Dubai_Creek_Harbour.mp4

新しい世界的象徴であるドバイ・クリーク・タワーに隣接し、260万平方メートル(約3000万平方フィート)の商業・接客・住宅地区を代表する。オンラインと実店舗ショッピングの境界をあいまいにし、インドアとアウトドアを統合したDubai Squareは技術に詳しい顧客の新時代向けに企画され、21世紀の小売体験の基準を設定する。

エマール・プロパティーズのモハメド・アラバル会長は「新世代の顧客の熱望を重視し、Dubai Squareは世界の商業の次世代チャンピオンとしてのドバイの地位をさらに確立するために中心的役割を果たす。オムニチャンネルの提供によって新たな現場訪問体験をもたらし、当社の商業パートナーに驚くほどの価値を与える。ドバイ国際空港を通る何百万の旅客に最も近い巨大商業地区となる。同空港はドバイからわずか4時間の飛行距離の250万人以上が利用している」と語った。

ドバイの最先端の進化に即して、Dubai Squareはいろんな様式や見本の雑多な混合である。サッカー場100以上、総商業フロア面積75万平方メートル(807万平方フィート)の規模で、中東最大のチャイナタウンもある。

Dubai Squareは3層から成り、それぞれが独自の顧客体験を提供する。1階は革新的なイベント会場が売り物、2階は高級ショッピングと食事、娯楽の店舗が並ぶすばらしい4本の大通りがある。3階は家族向きの場所で、「Ice Adventure」でのアクティビティー、シネプレックス、ウォーターパーク、スポーツ競技場、スーパーマーケットと鉄道が入っている。

3Dプロジェクションマッピング、劇場のような音響と照明、広範な世界の食事の選択肢もDubai Squareの魅力である。世界中の美術家と美術愛好家が集まるArt Districtも特徴だ。

▽問い合わせ先
Kelly Home
ASDA'A Burson-Marsteller
+9714-4507-600
kelly.home@bm.com

ソース: Emaar Properties