ティッセンクルップがアトランタの新高層エレベーターテストタワーを発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ティッセンクルップがアトランタの新高層エレベーターテストタワーを発表

AsiaNet 74536 (1307)

【エッセン(ドイツ)、アトランタ(米ジョージア州)2018年7月27日PR Newswire=共同通信JBN】世界最大のエレベーター企業の1つで北米市場のリーダー、ティッセンクルップ・エレベーター(thyssenKrupp Elevator)は、ジョージア州コブ郡のThe Battery Atlantaの近くに世界クラスの新たな本社を建てる予定だ。

(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/722703/thyssenkrupp_Elevator.jpg  )
(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/722702/thyssenkrupp_Elevator_HQ.jpg  )

The thyssenkrupp Elevator Americas Complexは、900人以上の常勤従業員を収容し、完成次第、米国では最も高く、世界的に見ても極めて高い128メートルの最新型エレベーターテストタワーを主体とする3つの施設を加える。それはAtlanta Braves(アトランタ・ブレーブス)のベースボールスタジアム近くに位置することとなる。

18のシャフトがあるテストタワーは、新しいコンセプトをテストし、エレベーター業界を劇的に変える製品試験を実施するのに使用される。

ティッセンクルップ・エレベーターのアンドレアス・シーレンベック最高経営責任者(CEO)は「アトランタにできる当社の新テストタワーは、イノベーションセンターのグローバルネットワークに投資するというティッセンクルップのコミットメントを証明することになる。センターは全て、学生と近隣大学との一層深まるつながりを構築してきた。ドイツと中国にある注目に値する高速テストタワーの当社ネットワーク内で、アトランタの新施設は、世界初のロープなしエレベーターであるMULTIや、2つのキャビンが1つのシャフトの中で作動する証明済み大容量のTWINなど、未来的なテクノロジーのための3番目の研究所となる」と述べた。

2022年初めに完成を予定している。

▽ティッセンクルップ・エレベーターについて
2016/2017会計年度に77憶ユーロを売り上げ、150カ国に顧客を持つティッセンクルップ・エレベーター(thyssenkrupp Elevator)は、ティッセンクルップ独自の工学的能力を適用することによってわずか40年の期間でゼロから世界の大手エレベーター企業としての地位を築いた。5万人以上の高度な技能を持つ従業員を抱え、同社は顧客の要件を満たすようデザインされた革新的製品とサービスを提供する。ポートフォリオには、エレベーター、エスカレーター、動く歩道、搭乗橋、階段昇降機およびカスタマイズされたサービス・ソリューションが含まれる。

プレス用画像:
https://transfer.thyssenkrupp.info/public/t68492o_9d626848332bdbd9072bae

▽問い合わせ先
Jasmin Fischer
Head of Media Relations
jasmin.fischer@thyssenkrupp.com  
http://www.thyssenkrupp-elevator.com

ソース:thyssenkrupp elevator AG