平成30年度 厚生労働省委託事業 「過重労働解消のためのセミナー」開催

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東京都の会場におけるセミナー受講風景

2018年07月30日

株式会社東京リーガルマインド

働く人の健康と働きがいを増進し「人手不足解消」「生産性向上」の課題に向き合う
平成30年度 厚生労働省委託事業 「過重労働解消のためのセミナー」開催

各種資格・国家試験の総合スクールLEC(株式会社東京リーガルマインド/本社:東京都中野区、代表取締役 反町雄彦)は、9月から厚生労働省委託事業「過重労働解消のためのセミナー」を全国47都道府県で開催します。参加費は無料で、各会定員は約100名(事前予約制・先着順)となります。

●4年目となる今年は「人手不足解消」と「生産性向上」にフォーカス!
LECでは、「働き方改革」というワードがまだまだ一般的でない2015年度より本事業の受託を開始。当初は、長時間労働の解消に主眼を置いてのスタートでしたが、働き方改革への社会的な関心や理解が高まるなかで、従業員のストレス・負荷の軽減などにも範囲を広げ、内容を深化させてきました。
4年目となる今年は、規模や地域を問わず企業・団体にとって大きな課題である「人手不足解消」と「生産性向上」にフォーカスを当て、従業員にとって働きがいが得られ、かつ働きやすい職場づくりに向けたアイデアや知識、ノウハウをご提供します。
また、今年度からの新たな取組みとして、厚生労働省「労働時間等見直しガイドライン」を活用したワークショップ型のセミナー4回(東京2回、名古屋1回、大阪1回)開催。課題解決のシミュレーションを通じて、業種や立場の異なる参加者同士がアイデアを出し合い、実践的な取組み方を探る内容です。

●LEC(レック)が誇る講師陣が関係法令・各種基準、様々な取組事例をわかりやすく解説
弁護士や社会保険労務士、特定社会保険労務士といった資格を持つLECの講師陣が、過重労働解消にあたって押さえるべき関連法令や各種基準をわかりやすく解説。国内で積極的な取組みを進める企業・団体の事例も豊富に紹介し、参加者の皆様が自社で活かせる「働き方改革」のヒントをご提供します。
本セミナーに登壇する講師は、LECが誇る講師の中から、「働き方改革」関連のセミナーへの登壇経験、官公庁系のセミナー登壇経験、2015年度~2017年度の参加者アンケートでの満足度評価といった基準で選抜。メディア経験や多くの著作を持つ講師も複数、登壇予定です。

●これまで述べ一万人超が参加し、2017年度受講者の約97%が評価
2015年の開始以来、全国47都道府県の大企業や中小企業、各種団体から、事業主や人事労務担当者、総務担当者の方をはじめとする延べ一万人以上に受講いただきました。製造業や運輸、医療・介護、公共団体、官公庁といった幅広い業種の方々が参加され、業界や企業に独自の課題、地域特性の問題も抱えているなかで、2017年度の受講者アンケートでは約97%の方から「講義内容・講師・配布資料」について「普通以上~大変良かった」との評価を頂戴しております。

<会社概要>
・代表取締役:反町雄彦
・創立:1979年1月20日
・事業内容:各種国家資格・公務員試験受験指導、LEC会計大学院の開設・運営、社会人向けキャリアアップ支援事業、雇用創出、福祉・保育関連事業、人材派遣紹介事業他