ADR調停人基礎資格 第8回2018年度「競売不動産取扱主任者」、本日より出願開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
試験会場の様子①

2018年8月1日

一般社団法人不動産競売流通協会

ADR調停人基礎資格
第8回 2018年度「競売不動産取扱主任者」、本日より出願開始
~全国12都市開催~

一般社団法人 不動産競売流通協会(所在地:東京都港区芝大門2-10-1)代表理事:青山一広 は 本日(8月1日)より第8回2018年度『競売不動産取扱主任者』 試験の出願受付を開始する。(URL:https://fkr.or.jp/certification/

■昨年の実施状況
昨年の受験者総数は2,201名、合格者は890人、合格率は40.2%、受験者の内訳は不動産従事者約6割、金融機関従事者約2割、士業約1割、その他約1割。

◆2018年度 「競売不動産取扱主任者」 試験の概要は以下のとおり◆

■受験資格
なし (但し、合格後「競売不動産取扱主任者証」交付には宅建士・宅建士合格が要件)

■試験案内配布期間
2018年 8月 1 日(水)~2018 年 10 月 31 日(水)
(配布場所:全国の大型書店、各種不動産協会各県本部・支部、資格の学校、不動産系学部を有する大学など)

■試験申込期間
【インターネットによる申込】 2018 年10月31日(水)23:59迄
【郵送による申込】      2018 年10月31日(水)消印有効

■開催日時・場所
日 時:2018 年12月9日(日) 14:00~16:00(2時間)
解答方法:マークシート択一式
開催地:札幌・仙台・新潟・金沢・埼玉・東京・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇の12会場

■受験費用
9,500 円

■競売不動産の動きと資格設立の背景
今回8回目(8年目)を迎える同試験は、不動産競売の専門家として、一般消費者に不動産競売のアドバイス及びサポートも出来る不動産のプロ「競売不動産取扱主任者」としての必要な知識を身につけてもらう目的で設立された。
昨年8月には法務大臣認証裁判外紛争解決機関「一般社団法人日本不動産仲裁機構」におけるADR調停人の基礎資格に認定され、社会的な信頼性がなお一層向上し、資格保有者の活躍の場はさらに広がっている。

■会社概要
商号   :一般社団法人不動産競売流通協会
本店所在地: 〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-1 第一大門ビル7階
設立日  : 2008年12月10日
代表者  : 代表理事 青山 一広 (あおやまかずひろ)
URL    : http://fkr.or.jp/
運営サイト : http://981.jp/
全国334社(2018年7月31日現在)の宅建業者が会員として加入しております。