Chain IQが新たなスマート・ジョイントソーシング・アプリを販売開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

Chain IQが新たなスマート・ジョイントソーシング・アプリを販売開始

AsiaNet 74571 (1325)

【チューリヒ2018年7月30日PR Newswire=共同通信JBN】デジタル化された戦略的調達管理を専門とするChain IQは業界に革命をもたらしている。社内の「Innovation & Digitalization Lab」(イノベーション&デジタル化ラボ)による一連の新製品の第1弾として、同社はSmart Joint Sourcing App(スマート・ジョイントソーシング・アプリ)を市場に投入した。

4大陸で展開するChain  IQは、未来志向の戦略の一環として「2020年デジタル化ロードマップ」を定めている。このロードマップでは、さまざまな実現すべき革新的なイニシアチブを掲げている。設立されたInnovation & Digitalization Labでは、インテリジェント、デジタル、分析的、人工知能の製品、製品、サービスおよびソリューションを開発し、実践している。

Innovation & Digitalization Labでは、世界でも目新しい機械学習ベースのChain IQ Smart Joint Sourcing WebAppを開発した。このソリューションは統合されたアルゴリズムを持ち、強力な予測分析法を用いてクライアントの購入計画に関する労力を大幅に最適化する。メリットの一例としては調達計画日と量、入札の完全管理がある。Chain IQ Smart Joint Sourcing Appは最適な取引条件を実現し、最大限の経済性を生み出す。Chain IQはSmart Joint Sourcingを特に大口顧客向けに年間間接費2億スイスフランで提供する。

Innovation & Digitalization Labではさらに、ビッグデータ関連、新たなデジタルプラットフォーム、インテリジェントマーケットプレースを通じた顧客とサプライヤーのインタラクションに関連するソリューションなどもすでに開発している。

2014年5月の創業以来、Chain IQは着実な成長に相まって先進的な道のりを歩んでいる。同社は管理支出額ベースでは世界的な大手調達コンサルティング企業の1つに位置づけられており、世界20カ国以上のさまざまな業界で30以上の国際的な有名クライアントにサービスを提供している。

このメディアリリースは chainiq.com/media-releases (https://www.chainiq.com/media-releases )でも参照可能。

Chain IQはクライアントに戦略・戦術的、機能的な調達を提供する独立系のグローバルなサービス企業である。Chain IQはチューリヒ(本社)、ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、ムンバイ、ブカレストを主要拠点とし、現在は20カ国以上(中国、香港、日本、オーストラリアなど)でサービスを提供している。

▽報道機関関係問い合わせ先
Elisabeth Ehrsam
Head of Public Relations and Public Affairs to the Chairman
Chain IQ Group
elisabeth.ehrsam@chainiq.com

ソース:Chain IQ Group AG