【エイピーピー・ジャパン株式会社】インドネシア・スマトラ島植樹ツアー 参加ボランティアを募集

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2018年7月31日13:30

エイピーピー・ジャパン株式会社

日本-インドネシア国交樹立60周年記念
インドネシア・スマトラ島植樹ツアー 参加ボランティアを募集

エイピーピー・ジャパン株式会社(本社:東京、代表取締役会長:タン・ウイ・シアン)は2018年9月6日(木)から9日(日)にかけての4日間、インドネシア・スマトラ島で、日本人ボランティアの参加による植樹ツアーを実施しますので、参加していただけるボランティアの方々を募集します。今年は日本とインドネシアにとって国交樹立60周年という記念すべき年であり、本ツアーを通じて熱帯雨林の保護・再生に取り組み、地球温暖化防止を目指すほか、日本とインドネシアの民間交流の促進を図ります。

本ツアーは、当社が2014年より毎年、スマトラ島リアウ州の景観地域で実施しているもので、今年で5回目。同プロジェクトでは、日本から参加するボランティアの方々が、リアウ州の荒廃地で、現地の方々とともに約1万本の植樹を行います。このほか、希少動物であるスマトラゾウの保護活動、植林用の苗床、紙パルプ生産工場及び研究室、さらにジャカルタで「JAK-JAPAN MATSURI2018」も見学します。
参加費は、エコノミークラスが13万円(税込)で、ビジネスクラスが25万円(同)。いずれも全日程食事つき、宿泊費、燃料サーチャージ、空港施設利用料等込みです。日程は9月6日(木)朝から9日(日)朝までで、東京・羽田空港発着となります。

参加ご希望の方は、別紙申込書がありますので、下記までお問い合わせください。なお、定員になり次第、募集は締め切らせていただきます。

【申し込み・問い合わせ先】
エイピーピー・ジャパン株式会社
植樹ツアー担当
TEL:03-5795-0023 (平日9:30-17:00)   FAX 03-5795-0065
E-mail: sustanability@appj.co.jp

<APP について>
シナルマスの一部であるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)は、紙パルプ製造企業グループの総合ブランド名です。 APP は 1972 年にインドネシアのチウィ・キミア工場から操業を開始しました。現在はインドネシアと中国の工場群で製品を生産しています。紙、パルプ、包装紙製品、加工紙製品の総合生産能力は年間約 2000 万トンで、6大陸 150ヶ国以上で製品を販売しています。また、APP は環境パフォーマンスの向上や生物多様性の保全、地域コミュニティの権利の保護をさらに向上させるため、2012 年 6 月に「持続可能性ロードマップ ビジョン 2020」を、2013 年 2 月に「森林保護方針」を立ち上げ、自然林伐採ゼロの誓約のもと、自社の植林木による製品づくりを行っています。2014 年 9 月には、国連気候変動サミットの「森林に関するニューヨーク宣言」に製紙会社として唯一署名をしました。 また、2015 年 12 月には、インドネシアの森林保護・再生支援を目的とした「ベランターラ基金」を立ち上げました。 https://www.asiapulppaper.com/

<APP ジャパンについて>
エイピーピー・ジャパン株式会社(APPJ)は、インドネシアと中国を本拠とする総合製紙企業 APP グループの日本における販売会社です。1997 年の設立以来、20 年以上にわたり日本市場のお客様のニーズにお応えするため、印刷用紙、情報用紙、板紙、コピー用紙、文房具などの分野で、多様な紙及び板紙製品を提供しております。2016 年 4 月にインドネシア企業としては初めて日本経済団体連合会(経団連)に入会しました。

www.app-j.com/