Phoenix Venture Partnersが投資先企業であるVixar Inc.の売却完了を発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

Phoenix Venture Partnersが投資先企業であるVixar Inc.の売却完了を発表

AsiaNet 74503 (1289)

【サンマテオ(米カリフォルニア州)2018年7月31日PR Newswire=共同通信JBN】Phoenix Venture Partners LLC(PVP)は、同社の投資先企業の1つであるVixar Inc.のオスラム(OSRAM)による買収が、2018年7月2日に完了したと発表した。ミネソタ州プリマスにあるVixar Inc.は、垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)業界のパイオニアであるメアリー・ヒブス・ブレナー博士とクライン・ジョンソン博士が創業、両氏は1990年代後半にVCSELを初めてデータ通信市場に投入した後、2005年にVixar Inc.を設立し、VCSELチップと大量の標準およびカスタマイズされたセンサーアプリのパッケージングを開発した。業界の先頭を走る顧客の最先端アプリに数多く採用され、Vixarの収益は過去数年間で急速に増大、営業利益、純利益の両ベースで収益を上げてきている。Vixarは、業界のリーダーとしてオスラムのリソースを活用し、ビジネスを次のレベルに引き上げ、高性能VCSELの提供を拡大していくであろう。買収の結果、Vixarの従業員約20人はオスラムに移る。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/481496/Phoenix_Venture_Partners_Logo.jpg

Vixarの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)のメアリー・ヒブス・ブレナー博士は「PVPは理想的なパートナーだった。われわれは戦略的パートナーシップをベースとする彼らの投資アプローチを信頼していたからだ。ジョン・チェン、フランク・レビンソン両氏の豊富な起業家ビジネスと技術的な経験は、Vixarを開発段階の会社から製品販売をメーンとする企業に移行させる上で不可欠なものだった。両氏は、商業化の加速を促す一方、スタートアップ企業が避けて通れない課題に直面する中、しっかりした助言と辛抱強いサポートを提供してくれた。アビナッシュ・カント氏のウォール街アナリストとしての経験とコネクションは、出口戦略を成功裏に展開、遂行するうえで非常に貴重だった」と語った。

Vixarの売却について、PVPのマネジングゼネラルパートナーであり、Vixarの取締役でもあるジョン・T・チェン博士は「われわれがVixarに投資したのは、彼らのビジネスモデルを信じ、VCSEL技術に全く新しい市場を生み出す潜在力を見たからだ。メアリー(ヒブス・ブレナー博士)とそのチームは、Vixarを生み出し、業界をリードするVCSEL企業に成長させるという優れた仕事を成し遂げた。われわれは、当社の第1ファンドの投資家に大きな投資リターンをもたらしたVixar売却の成功は、PVPの投資戦略の妥当性を示す好例になると考えている」と語った。


▽Vixar Inc.について
ミネソタ州プリマスに本社を置くVixar Inc.は、垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)デバイスと赤色・近赤外領域のサブアセンブリーの大量供給業者である。同社は、VCSEL製品の開発と市場投入に20年の経験を持つチームによって2005年に設立された。同社には標準チップとパッケージングのポートフォリオがあり、波長、形状、あるいは代替パッケージングで製品をカスタマイズする能力もある。

▽オスラムについて
ミュンヘンに本社を置くオスラム(OSRAM)は、110年以上の歴史を持つ世界有数のハイテク企業である。主に半導体ベースの技術に焦点を当てている同社の製品は、バーチャルリアリティから全自動運転、そしてスマートフォンからビルや都市のスマートかつコネクテッドな照明ソリューションまで、非常に多様なアプリケーションに使用されている。オスラムは、光の無限の可能性を利用して、個人やコミュニティーの生活の質を改善している。オスラムのイノベーションは、世界中の人々がより良く見えるようにするだけでなく、より良いコミュニケーション、旅行、仕事、生活ができるようにする。オスラムは、2017年度末(9月30日)時点で全世界に約2万6400人の従業員を擁し、41億ユーロ以上の収益を上げた。同社はフランクフルトとミュンヘンの証券取引所に上場している(ISIN: DE000LED4000; WKN: LED400; trading symbol: OSR)。追加情報は、www.osram.com を参照。

▽Phoenix Venture Partners LLCについて
Phoenix Venture Partners LLCは、画期的な先端素材やデバイスのイノベーションを商業化するため、起業家への投資や提携を行う有力ベンチャーキャピタル企業である。PVPのチームは、複数の産業応用分野にまたがる先端素材ベースのスタートアップ企業を成功裏に設立、構築、投資してきた比類なき実績を有しており、現在は2つのファンドにまたがる13社のポートフォリオを管理している。同社の投資戦略には柔軟性があり、顧客・サプライチェーン・パートナーシップ、事業開発、および戦略的かつ運営上のサポートを通じて起業家を支援することを基本としている。PVPは、事業開発とオープンイノベーションに関心のある、限られた数の先見性のあるグローバル企業と緊密に協力している。PVPはシリコンバレーに本社があり、ワシントン州シアトルにサテライトオフィスを置いている。追加情報はウェブサイト www.phoenix-vp.com を参照。

ソース:Phoenix Venture Partners LLC

▽問い合わせ先
Jennifer Wang
CFO
jennifer@phoenix-vp.com