ONVIFがスウェーデンで記録を塗り替えるデベロッパーズ・プラグフェストを開催

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ONVIFがスウェーデンで記録を塗り替えるデベロッパーズ・プラグフェストを開催

AsiaNet 74653

カリフォルニア州サンラモン発 - 2018年8月7日。 IPベースの物理的セキュリティ製品の国際標準化イニシアチブをリードするONVIF(R) (http://www.onvif.org/ )は、6月初旬にスウェーデンのマルメでこれまでで最大規模となる第18回ONVIFデベロッパーズ・プラグフェスト(ODP)を開催しました。これまでの記録を塗り替える延べ445時間のテストによって、ODPは今年中に最終リリースされる予定の高度なビデオストリーミングを実現するプロファイルTリリース候補を含む、ONVIFの6つのプロファイルすべてを使用して、相互運用性の微調整を行う機会を提供しました。

1年に2回開催されるODPには、ONVIF会員企業のエンジニアやデベロッパーが参加し、自社製品へのONVIFプロファイル仕様の実装を他のONVIFプロファイル対応製品でテストすることで、対応製品間での相互運用性を確認しています。マルメで開催されたイベントには、合計で16カ国における26社の会員企業から、62名が参加しました。3日間で、参加者たちはこれまでの300時間の最長記録を上回る、累計約450時間に及ぶテストを行いました。

「ONVIFデベロッパーズ・プラグフェストは、市場にリリースされる前に会員がONVIF対応製品を確立するためにテストできる機会であるのみならず、会員代表者がテストツールのデベロッパーと直接作業できる機会でもあります。」と、デベロッパーズ・プラグフェストのONVIF技術サービス委員会タスクフォースの委員長、スティーブン・ディリングハム氏は述べています。「このプラグフェストは何カ月にもわたる懸命な取り組みの末の製品開発の最終段階を示すため、私たちはこの日を楽しみにしている数多くの会員企業がいることを嬉しく思います。そしてそのような方々のために、適合工程をさらに改善するためのフィードバックを喜んで提供します。」

6つのプロファイルのテストのほか、参加者には、ONVIFデバイス/クライアントテストツールを使用しての1時間のテスト、および適合テスト中に起きたあらゆる問題についてテストツールのデベロッパーと議論する機会が設けられました。

2008年に設立されたONVIFは業界をリードする有名なフォーラムで、IPベースの物理的セキュリティ製品の相互運用を促進しています。ONVIFでは、カメラ、ビデオ管理システム、アクセス制御の分野における世界有数の加盟企業に加え、10,000近くのプロファイル対応製品を有しています。プロファイルS(ビデオストリーミング)、プロファイルG(録画と保存)、プロファイルC(物理的アクセス制御)、プロファイルQ(改良された簡単なセットアップ機能)、プロファイルA(より幅広いアクセス制御の設定)、およびプロファイルTリリース候補(高度なストリーミング)とともに、ONVIFは引き続き会員と取り組み、ONVIFに対応する製品を提供できるIP相互運用ソリューションを増やしていきます。

ONVIF対応製品の詳細情報(ベンダーと対応モデルを含む)は、ONVIFウェブサイト(www.onvif.org)でご覧いただけます。

報道関連のお問い合わせ先:
アンドリア・グラル (Andrea Gural)
エクリプス・メディア・グループ (Eclipse Media Group) ONVIF担当
電話: +1.207.233.7507
電子メール: agural@eclipsemediagroup.net

ケビン・シャダー (Kevin Schader)、ONVIF事務局長
2400 Camino Ramon, Suite 375
San Ramon, CA 94583, USA
電話: +1.928.395.6773
電子メール: info@onvif.org

ONVIFについて
ONVIF(R)はグローバルでオープンな業界フォーラムであり、IPベースの物理的セキュリティ製品の相互運用性の確保と統合の促進を目的に、それら製品間の通信の標準化に取り組んでいます。ONVIFは2008年に設立され、IPベースの物理的セキュリティ製品のグローバルなオープンスタンダードを開発しています。会員企業には、メーカー、ソフトウェア開発者、コンサルタント、システムインテグレーター、エンドユーザー、ONVIF活動への参加を希望するその他の利益団体が含まれます。

(日本語リリース:クライアント提供)