MicrolandがGDPRコンプライアンスをさらに強化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

MicrolandがGDPRコンプライアンスをさらに強化

AsiaNet 74715 (1384)

【ロンドン2018年8月8日PR Newswire=共同通信JBN】
*BS 10012に認証 - 個人情報管理システム標準

デジタルアクセラレーターであるMicrolandは8日、Personal Information Management System(個人情報管理システム)の標準であるBS 10012のBSI認証監査とISO 27001:2013およびISO 20000-1:2011の監視監査を成功裏に完了したと発表した。英国の国家規格機関である英国規格協会(BSI)は、これらの国際標準に対しMicrolandの配送プロセスを認証した。BS 10012認証により、Microlandの配送センターは、GDPR(一般データ保護規則)およびその他の適用可能なプライバシー法を効果的に順守することができるようになる。

(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/717242/Microland_Logo.jpg

今年は、認証の範囲がバーミンガムとプネーの新しいデジタルハブに拡大された。バーミンガムのMicrolandのデジタルハブは、Cyber Essentials(サイバーエッセンシャルズ、CES)とCyber Essentials Plus(サイバーエッセンシャルズ・プラス、CES +)の認証も受けた。これは、Microlandのサイバーセキュリティー(https://www.microland.com/digital/services/cyber-security )体制が技術専門家による独立した検証を受けたことを示すものである。

Microland Limitedのリスク・コンプライアンス担当のグローバルヘッドであるスディール・C氏は「Microlandのリスク・コンプライアンスチームは、適用される要件を定期的に検証、確認し、常に規格に準拠し、効果的な統合管理システムを維持していくための熟慮されたフレームワークを持っている。新たな認証を受けるたびに、顧客に模範的サービスを継続的に提供するという当社のコミットメントは強化される」と語った。

BSI IndiaのAVP(アシスタント・バイスプレジデント)であるナジェンドラ・ベンコバラオ氏は「BSIは10年以上にわたりMicrolandと関係を持っている。Microlandは、ISO 27001:2013標準に基づくInformation Security Management System(情報セキュリティー管理システム)、ISO 20000-1:2011標準に基づくIT Service Management system(ITサービス管理システム)を実行、今回、BS 10012:2017標準に基づくPersonal Information Management SystemがBSIによって認証された。Microlandのチームは、国際標準とその要件に一貫してコミットする姿勢を示し、企業文化にそれを根付かせてきた。BSIは、MicrolandのバーミンガムセンターにもCyber EssentialsとCyber Essentials Plusの認証を与えた。卓越性に向けた旅を続けるMicrolandのパートナーであることはBSIの誇りであり、「デジタルアクセラレーター」になるための努力が実を結ぶことを願っている」と述べた。

▽Microlandについて
Microlandは、グローバル企業のデジタルトランスフォーメーションの旅を加速し、その顧客に価値あるビジネス成果をもたらすことを可能にする。インドのベンガルールに本社を置くMicrolandは、オーストラリア、欧州、インド、中東、北米のオフィスに3800人以上の専門家を擁している。Microlandは、新技術の統合と、ビジネスプロセスへの自動化、分析、予測インテリジェンスの適用により、グローバル企業がより機敏で革新的になることを可能にしている。

詳細情報は、https://www.microland.com を参照。

▽メディア問い合わせ先
Arun Kiran R
Head Public Relations
arunkr@microland.com

ソース:Microland