ACI WorldwideとFSSがACIのBASE24ソフトウエアのサービスに関する円満解決を発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ACI WorldwideとFSSがACIのBASE24ソフトウエアのサービスに関する円満解決を発表

AsiaNet 74721 (1391)

【チェンナイ(インド)2018年8月9日PR Newswire=共同通信JBN】リアルタイム電子決済・銀行取引ソリューションの世界的な大手プロバイダーであるACI Worldwide(NASDAQ: ACIW)と、決済テクノロジーおよび取引処理の大手でソフトウエア製品、ホスト型決済サービス、ソフトウエアサービスの多様なポートフォリオを提供するFinancial Software & Systems Private Limited(FSS)は、両社がこのほど、ACIの製品(より具体的にはBASE24ソフトウエア)の使用に関連した相違や紛争を2018年6月30日付の和解契約(以下「和解契約」)の方法により円満解決したと発表した。

(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/682112/FSS_Logo.jpg

この和解の条項によると、FSSおよびその関連会社は、カスタマイズ、実装および検査(ACIのBASE24ソフトウエアを使用するサービスを含む)などのサービス(以下「FSS Services」)を2020年6月30日までFSSの既存顧客に引き続き提供することができる。FSSおよびその関連会社は和解契約の条項に従い、現在FSSからのサービスを利用していない新規顧客にもFSS Servicesを提供することができる。

ACI Worldwideの最高執行責任者(COO)であるクレイグ・サックス氏は「40年以上前の創業以来、当社は顧客の長期的成功に大いにコミットしてきた。世界中の1000社超の金融機関は、ACIが彼らの基幹的決済システムを強化することを信じている。われわれは、ACIとFSSの紛争が解決されたことをうれしく思っており、顧客と協力し、彼らが今後、BASE24テクノロジーで確実に成功し続けることを楽しみにしている」と語った。

FSSの会長兼マネジングディレクターであるナガラジ・ミランドラ氏は「ACIとポジティブな解決に至ったことは喜ばしい。今回の解決は、顧客が引き続きFSSのドメイン専門知識を使用し、ACIのBASE24をサポートするFSSの機能を活用することができるため、顧客に利益をもたらすと信じている」と述べた。

▽ACI Worldwideについて
Universal Payments(UP)企業であるACI Worldwideは、世界の5100以上の組織に電子決済を提供している。1000以上の最大手の金融機関および仲介業者、並びに数千の世界的なマーチャントは、ACIを頼りにして毎日14兆ドルの決済と証券取引を実行している。

さらに、無数の組織が同社の電子請求書提示・決済サービスを利用している。顧客の店舗またはACIの社内クラウドで提供される同社の包括的なソフトウエアソリューションを通じ、同社はリアルタイムかつ即時の決済機能を提供し、業界で最も完全なオムニチャネルの決済体験を可能にしている。ACIに関する詳細はhttp://www.aciworldwide.com を参照。Twitter @ACIWorldwideでも同社を見つけることができる。

▽Financial Software and Systemsについて
決済テクノロジーと取引処理のリーダーであるFSSは、27年の経験の上に構築されたソフトウエア製品、ホスト型決済サービス、ソフトウエアサービスの多様なポートフォリオを提供している。同社のエンドツーエンド決済スイートは、ATM、PoS、インターネット、モバイルなどのリテール配送チャネルおよびカード管理、調整、決済、マーチャント管理、デバイス監視などの極めて重要なバックエンド機能を取り扱っている。インドに本拠を置くFSSは、インド、米国、欧州、中東アフリカ、アジア太平洋の一流銀行、金融機関、製造加工業者、プリペイドカード発行者を含む100以上の顧客にサービスを提供している。詳細はhttp://www.fsstech.com を参照。

(c) Copyright ACI Worldwide, Inc. 2018.

ACI、ACI Worldwide、ACI Payment Systems、ACIのロゴ、ACI Universal Payments、UP、UPのロゴ、ReD、PAY.ONおよび全てのACI製品名は、ACI Worldwide, Inc.、または米国、その他の国にある子会社1社、またはその両方の商標、または登録商標である。言及されたその他の当事者の商標は、それぞれの所有者の財産である。

製品ロードマップは情報提供のみを目的としており、契約や契約に組み込まれることはない。開発リリースおよび将来の製品リリースのタイミングは、引き続きACIだけの裁量である。ACIはACIの標準製品コミュニケーション方針に従って以下の情報を提供している。その結果の特徴、機能および拡張機能ないし、そのような特徴、機能および拡張機能のリリースのタイミングは、全てACIだけの裁量であり、予告なしに変更される可能性がある。あらゆる製品ロードマップまたは他の同様の情報は、素材、コードまたは機能を提供する約束を表すものではなく、購買決定の際に頼られるべきではない。

ソース:Financial Software and Systems(FSS)