MakeblockがKokoaから2018年における2回目の高品質教育の認証を受ける

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

MakeblockがKokoaから2018年における2回目の高品質教育の認証を受ける

AsiaNet 74732 (1395)

【深セン(中国)2018年8月10日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードするSTEAM教育ソリューションのプロバイダーであるMakeblockは、同社のSTEAMロボットのCodey Rocky、NeuronおよびプログラミングプラットフォームのmBlockがKokoa Education Standard-Finlandから教授法と有用性における高品質の認証を受けたと発表した。これは、5月に同社のmBotシリーズが認証されたのに続き、2018年におけるMakeblockに対するKokoaの2回目の認証である。

https://photos.prnasia.com/prnh/20180810/2208278-1-c

https://photos.prnasia.com/prnh/20180810/2208278-1-d

Makeblockの王建軍・創設者兼最高経営責任者(CEO)は「MakeblockのSTEAMソリューションのユーザーは140カ国で450万人に達した。この今年2回目のKokoaの認証は、Makeblockと世界をリードするSTEAMの教授法との連携を再び大きく特徴付けるものである。この勢いに乗って、われわれは世界中のより多くの人々に当社の感動的なソリューションでの創造を楽しんでもらうことができる」と語った。

Kokoaの評価リポート(#1; #2)によると、Makeblockの認証された製品は、学習目標、教授法アプローチ、学習エンゲージメントにおいて優れている。Codey RockyとNeuronは、実践指導教材が付属しており、学生に高品質の学習ソリューション、ロボット工学の多用途性、AI、IoT、正確に予測可能な学習成果を伴う無限の創造可能性を提供する。IoTと機械学習を特色とするmBlockは、若い学習者のための多彩なScratchおよびPythonプログラミングツールとして機能する。それは、生徒が深い知識の理解を構築し、問題解決のためのツールやコンテンツを探求することを促されるあらゆる種類の創造的プロジェクトをつくるためのオープンな環境である。

認証された製品はこれまで、ドイツのIF Design Award(IFデザイン賞)、ドイツのRed Dot Product Design Award(レッド・ドット・プロダクト・デザイン賞)、米国のFamily Choice Awards(ファミリーチョイス賞)、米国のGold Edison Awards(エジソン賞ゴールド)、CES Innovation Awards(CESイノベーションアワード)、米国のIDEA Gold Award(IDEA賞ゴールド)、韓国のK-Design Gold Award(Kデザイン賞ゴールド)と日本のグッドデザイン賞など8つの国際的な賞を受賞している。

Kokoaはフィンランドの教育基準機関であり、世界中の教師や学習者への最高の学習ツール提供が確実なものとなるように科学的評価を行っている。応募者は、Kokoaがフィンランドの大学研究者とともに開発した学術的および教育的心理評価をパスしなければならない。KokoaはFinnish National Agency for Education(フィンランド国立教育庁)の公式プログラムにも参加しており、2018年の評価手段に関するBETT Asia Innovations Awardを授与されている。

MakeblockのKokoa認証製品を見るには、こちらをクリック。

▽Makeblockについて
2013年に創立されたMakeblock Co., Ltdは、STEAM教育ソリューションの大手プロバイダーである。Makeblockは学校、教育機関、家庭向けのSTEAM教育・娯楽市場を対象にテクノロジーと教育の融合の深化を目指し、最も総合的なハードウエア、ソフトウエア、コンテンツソリューションおよび一流のロボット工学コンペティションを提供している。詳細はFacebookないしTwitterで@Makeblockをフォローするか、ウェブサイトwww.makeblock.com を参照。

ソース:Makeblock