【維新再考・識者に聞く】半藤一利さん(7) 国民に隠された真実

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 「維新再考」の半藤一利さん編・最終回は、薩長閥が主導権を握り造られた近代国家日本の、その後の歩みを論じる。出来上がった近代国家は、日露戦争の40年後、一度「滅亡」した。半藤さんは「一度考え直す」ことをせず「歴史を隠した」過ちを指摘する。

 国家「滅亡」の要因に 

 日本という国は、軍事国家として明治13(1880)年ごろスタートし、政治、経済、外交の面での近代国家としては明治22年ぐらいから出発した。そして日清、日露という大きな二つの戦争を経て、世界の国々の一員にやっと入った。この期間が慶応元(1865)年からちょうど40年間。さらに日露戦争(1904~05年)から40年たった昭和20(1945)年、日本人は、その近代国家を戦争で滅ぼしてしまった。国家を造るのに40年、滅ぼすのにも40年かかった。

 これが、まさに薩摩、長州が藩閥を築き、天下を取った時代だった。長州は陸軍を握り、薩摩は西南戦争で負けたので海軍に回った。そういうすみ分けをして、薩長の人々が国家を牛耳ってきた。

 特に、昭和に入り戦争に突入していくまでの国家の在り方というのは、まさに薩長的だった。(明治維新というクーデターと同じように)天皇を敬い奉るような顔をして、本当のことは教えず、勝手に自分たちが戦争をやった。そして進んでいったら、止まらなくなってしまった。  

 当時の軍の参謀たち、あるいは革新外務官僚(注1)たちにあったのは「日本は世界に冠たる大帝国で、われわれは無敵である。従って正義は全部こちらにある」という考え方。これは当時の日本の教育の「成果」だと思う。

 一方で、これを止めたのが、鈴木貫太郎(注2)などの「賊軍派」だった。

 とにかく日本は、冷静に考えて、もういっぺん考え直して戻った方がいいんじゃないか―という時に戻らなかった。「その時」というのが、日露戦争が終わった時期だ。

 日露戦争で長州出身者を中心とした国家は、国民に刻苦勉励を強いて、なけなしのお金を軍事につぎ込み、とにかく勝った。

 しかし、本当はアメリカを仲介にして、やっと終わったのであって「勝った」なんて言ってはいけなかった。この事実をなぜしっかり見つめて、もう一度、国造りをしなかったのだろうか―と思う。

=この続きは、福島民友新聞社発行の「維新再考」保存版でお読みいただけます。

 ※「戊辰戦争」「明治維新」を新たな視点で問い直す長期大型連載「維新再考」は、引き続き福島民友新聞で毎週月曜日に掲載します。どうぞお読み下さい。

 ※「識者に聞く」第1部で掲載された半藤一利さんの記事は、福島民友新聞社が発行した保存版で、お読みいただけます。

 (半藤一利さんの「再考」は今回で終わります。次回からは作家中村彰彦さんが登場します)

              ◇              ◇              ◇

 はんどう・かずとし 1930(昭和5)年、東京都生まれ。旧制長岡中、東大卒。文芸春秋で「週刊文春」「文芸春秋」編集長などを経て作家に。毎日出版文化賞特別賞を受賞した「昭和史1926―1945」「昭和史 戦後編」など著作多数。幕末、明治維新については「幕末史」などがある。86歳。

(注1)革新外務官僚 外務省革新派ともいわれる戦前、戦中の同省官僚の一グループ。親英米路線をとる同省に対し「皇道外交」を掲げ南進論などを主張したとされる。
(注2)鈴木貫太郎(すずきかんたろう)(1868~1948年) 海軍軍人で政治家。1945(昭和20)年4月、内閣総理大臣に就任(同年8月退任)し「天皇の聖断を仰ぐという超法規的な手段でポツダム宣言の受諾を決め、昭和の戦争を終結させた」(半藤一利、保阪正康著「賊軍の昭和史」より)。徳川譜代である関宿藩(現千葉県野田市)の藩士の長男。半藤さんは、鈴木ら「朝敵」とされた藩の出身者、または、その子弟を「賊軍派」と呼び、薩摩閥が主流だった海軍、薩長閥の影響を残していた政府の中で、戦争を終結に導く役割を担ったとしている。