【維新再考・識者に聞く】中村彰彦さん(6) 籠城で学んだ命の重み

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 官製史観により会津藩と白虎隊の評価のねじれ現象を指摘した作家の中村彰彦さん。第6回は、会津の女性たちに焦点を当て、戊辰戦争や明治以降の活躍と、その意義について語る。

 会津女性、看護に足跡

 殉難女性で有名なのは中野竹子(注1)。新政府軍が鶴ケ城を包囲しつつあった1868(慶応4)年8月25日、城下の柳橋周辺で戦闘が起きた。そこには、入城を目指す竹子やその母と妹、武芸の稽古仲間ら計6人の姿があった。竹子は薙刀(なぎなた)で奮戦したが銃撃され、最期を遂げている。

 すでに死を覚悟していた竹子の薙刀には、辞世の短冊が結び付けられていたといわれる。

 武士の 猛き心に くらぶれば 数にも入らぬ 我が身ながらも

 数にも入らぬ女だが立派に戦ってみせる―との決意を詠んだ。後に娘子軍(じょうしぐん)と呼ばれる竹子ら会津女性の気概が伝わってくる。

 鶴ケ城に籠城した女性も懸命に働いた。手を火傷(やけど)しながらの炊き出し。鍋で鉛を溶かしての弾丸作り。最も大変なのが傷病兵の看護だ。医薬品が不足する中、傷病兵の傷口は化膿(かのう)して腐臭が立ちのぼっただろう。その膿(うみ)を拭い取るのも女性だった。

 新政府軍は鶴ケ城に激しく砲撃し、多くの人々が死傷した。着弾後に爆発する焼玉(やきだま)も撃ち込まれ、水をかけたり、ぬれ布団をかぶせて爆発を防ぐ命懸けの「焼玉押さえ」も女性の役目だった。

=この続きは、福島民友新聞社発行の「維新再考」保存版でお読みいただけます。

 ※「戊辰戦争」「明治維新」を新たな視点で問い直す長期大型連載「維新再考」は、引き続き福島民友新聞で毎週月曜日に掲載します。どうぞお読み下さい。

 ※「識者に聞く」第1部で掲載された中村彰彦さんの記事は、福島民友新聞社が発行した保存版で、お読みいただけます。

              ◇              ◇              ◇

 なかむら・あきひこ 1949(昭和24)年生まれ。栃木県栃木市出身。宇都宮高、東北大文学部卒。文芸春秋勤務を経て91年から文筆活動に専念。主に幕末・維新期の群像を描いた作品を執筆している。94年の第111回直木賞を受賞した「二つの山河」など会津に関する著作が多い。68歳。

注1)中野竹子(1847~68年)江戸の会津藩邸生まれ。武芸と学問に秀で、備中庭瀬藩主の奥方の代筆(奥祐筆)を務めた。66年から坂下(現会津坂下町)で若者に読み書きや薙刀(なぎなた)を教えた。戊辰戦争で戦死。法界寺に墓がある。