【維新再考・識者に聞く】中村彰彦さん(7) 逆風耐え明治を生きた

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 「逆賊を滅ぼした戊辰戦争」との歴史観を否定し、会津藩は賊軍ではないと主張する作家の中村彰彦さん。中村さんが語る「再考」の最終回は、敗北と亡国をバネに明治を生きた旧会津藩士を見ていく。

 会津藩の気風忘れず

 明治時代の旧会津藩士は賊軍という屈辱を抱き続けた。そんななか、1873(明治6)年に西郷隆盛が下野すると、薩摩出身の巡査や軍人も一斉に帰郷した。新政府は東京の治安維持のため、74年に旧会津藩士を東京警視庁に大量に採用した。旧会津藩士のまとめ役だった旧会津藩家老の佐川官兵衛以下の約300人だ。

 77年に西南戦争が起きる。戊辰戦争の雪辱を果たす機会が巡ってきたのだ。旧会津藩士は、旧会津藩家老の山川浩のように陸軍軍人として出征するよりも、巡査として出動した例が多い。警視隊の総人員約1万3000人の1割が旧会津藩士やその子弟だった。敵陣地に斬り込む際に「戊辰の復讐(ふくしゅう)、戊辰の復讐」と叫んだ旧会津藩士もいたという。

 「朝敵持ち回り」という言葉がある。かつて「禁門の変」を起こした賊軍の長州藩は戊辰戦争で官軍になった。官軍だった会津藩は戊辰戦争で賊軍と名指しされ、西南戦争では再び官軍として賊徒を討伐した。このような運命の変転を指している。そして幕末という時代は、西南戦争の終結によってやっと幕を閉じた。

 士族の反乱のように、社会が不安定になると破壊活動に走る人々がいる。旧会津藩士の場合は76年に東京で起きた「思案橋事件」だ。秀才といわれた永岡久茂(注1)が中心となり反乱を企てた。旧会津藩士が賊徒呼ばわりされるなか、ついに怒りにまかせて国家転覆運動に走った。

=この続きは、福島民友新聞社発行の「維新再考」保存版でお読みいただけます。

 ※「戊辰戦争」「明治維新」を新たな視点で問い直す長期大型連載「維新再考」は、引き続き福島民友新聞で毎週月曜日に掲載します。どうぞお読み下さい。

 ※「識者に聞く」第1部で掲載された中村彰彦さんの記事は、福島民友新聞社が発行した保存版で、お読みいただけます。

               ◇              ◇              ◇

 なかむら・あきひこ 1949(昭和24)年生まれ。栃木県栃木市出身。宇都宮高、東北大文学部卒。文芸春秋勤務を経て91年から文筆活動に専念。主に幕末・維新期の群像を描いた作品を執筆している。94年の第111回直木賞を受賞した「二つの山河」など会津に関する著作が多い。68歳。

(注1)永岡久茂(1840~77年)会津藩士。幕府の昌平坂学問所に留学する秀才。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の成立に貢献。再興した斗南藩で少参事を務める。後に東京で評論新聞社を設立し言論で明治政府を弾劾。思案橋事件の負傷がもとで77年に獄死した。