古関裕而『うた物語』TOP
あこがれの郵便馬車
生誕100年記念
前列左から古関、歌手の奈良光枝、後列左から丘、歌手の青木光一、作詞家野村俊夫(昭和26年ごろ、古関家提供)
斎藤 秀隆 (福島東稜高教員)

(27)2009.08.10

旅に対する憧れ歌に込める
 作詞家丘灯至夫(おかとしお)は古関の性格を「粘り強い方だった」と語っています。
 「私が古関さんのお宅へはじめてお伺いしたのは、昭和11年の春だった。古関さん作曲の『船頭可愛や』が、音丸さんの歌で全国津々浦々に流行した直後だった。私が詩人西條八十の弟子であり、古関さんと同郷ということで、夫人と共に快く逢あってくださった。『(古関さんは)流行歌は不得手なので、はじめは童謡ばかり書いていた…』と、自著に書いておられる。今ならレコード会社も見放すか、本人があきらめて飛び出すか…だろうが、会社も辛抱強かったし、本人もかなり粘り強い性格だったに相違ない」(丘灯至夫「古関メロディーと私」)
 ■サトウ・ハチローが一喝
 丘は「あこがれの郵便馬車」の誕生エピソードにも触れています。
 《1951(昭和26)年「あこがれの郵便馬車」を岡本敦郎さんが「南の丘をはるばると郵便馬車がやってくる/うれしい便りを乗せて…」と軽やかに歌ったところ、サトウ・ハチローに「そんなものはない」と叱しかられました。私は憧あこがれだから作ったのだと言いましたが、ある時、古関さんに「昔、北海道にあった」といわれ、安堵あんどしました。私が乗り物の歌を作るのは、昔、体が弱いため、遠足にも修学旅行にも行けず、旅に対する憧れが乗り物の歌になったのです。まだ作っていないのは「乳母車の歌」と「霊柩車の歌」くらいです。これから作るのは間に合わないので、あの世で作りたいと思います》(講演「青春の詩は今もなお」より)
 昭和50年、古関が東京中央郵便局の「1日局長」に就任した時、局員がバンドを結成して「あこがれの郵便馬車」を演奏、歓迎の意を表しました。そこで古関が郵便局の方に郵便馬車の存在の有無を尋ねたところ、「昭和の初め頃ころは局と局の間の配達に使用した」との答えが返ってきたと言うのです。
 丘は昨年7月、「あの世はパラダイス」と「霊柩車れいきゅうしゃはゆくよ」の2曲のCD発売を果たし、健在ぶりをアピールしています。
    メ  モ  
 丘灯至夫 
 現在92歳。大正6年、小野町に生まれ、郡山商業学校を卒業しました。昭和10年、西條八十に師事し、歌謡・童謡などの作詞生活に入りました。丘のデビュー作は昭和12年の「焦れったいわね」で、作曲は東三吉。東とは古関のペンネームです   

 


〒960-8648 福島県福島市柳町4の29

個人情報の取り扱いについてリンクの設定について著作権について

国内外のニュースは共同通信社の配信を受けています。

このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。copyright(c) THE FUKUSHIMA MINYU SHIMBUN