【LOOK!新百景】洞窟に氷のタケノコ 自然の造形物「氷筍」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 喜多方市山都町の龍ノ山の洞窟内に冬の間だけ出現する氷のタケノコ「氷筍(ひょうじゅん)」。氷筍は洞穴の天井から水滴が落ち続け、地表が氷点下になると、現れる自然の造形物だ。氷の形はさまざまで、「女神」などのありがたい姿に見えることも。長さは1~2メートルほどになる。

 ▽経路=いいでのゆから車で約10分、徒歩約2時間