minyu-net

 
連載 ホーム 県内ニュース スポーツ 社説 イベント 観光 グルメ 健康・医療 購読申込  
 
虫の目探検TOP
ふくしま虫の目探検隊
08.03.27
89
トゲアリ

胸部のトゲがユニークなトゲアリ=福島市小鳥の森

春の訪れた林 活発に活動
 アリはあらゆる陸上に分布し、人家の付近にも多いため最も身近な昆虫の一つ。すっかり春めいてきた県内。アリたちを目にする機会も多くなってきた。トゲアリは、その名の通り体にトゲを持つユニークなアリ。野の草花が咲き始めた福島市の雑木林で活動を始めた。働きアリの体長は7ミリ前後。胸部に3対の鋭いトゲを持つ。平地から山地の林で見られ、朽ち木の内部などに巣を作る。

 トゲアリは、クロオオアリなどの巣に一時的に寄生することが知られる。女王アリが巣に侵入し、その巣の女王アリを殺してしまう。自分の卵をその巣の働きアリに育てさせるという。

(写真と文・矢内靖史カメラマン)
 

福島民友新聞社
〒960-8648 福島県福島市柳町4の29
個人情報の取り扱いについてリンクの設定について著作権について

国内外のニュースは共同通信社の配信を受けています。

このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。copyright(c) THE FUKUSHIMA MINYU SHIMBUN