福島のモノ作り(上) 演奏機材、驚きの完成度

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
今回試したエフェクターと、ずっと愛用してる爪切り(笑)

 ハロー☆ 質問コーナーの返答が続いたので、今回は話題を変えて。  

 先日フラリと入った楽器店で、ふと目に入った機材があった。ギターとアンプの間につないで音色に変化を付ける、エフェクターという機材だ。多種多様なモノが売られているが、ピンときたソレを試奏することにした。  

 するとどうだろう、すこぶる音が良い! プレーへの反応も鋭く、この機種が狙っている音色がハイセンスで繊細な印象だ。見た目自体の仕上がりも非常に丁寧で頑丈そうだし、このエフェクターのコンセプトと完成度に正直驚いた!  

 帰宅して早速ネットで調べたところ、既に大ヒットを生み出していたメーカーであり、たまたま触ったことがなかっただけだった!  

 先ほど弾いたのは、そのメーカーの新作。メーカーの名前は「FLYING TEAPOT」。さらに驚いたのは、福島市で生み出されていることであった! 続く~☆