知りたい金融用語【NISA(ニーサ)】 少額投資が非課税に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 最近耳にすることが増えた言葉に「NISA(ニーサ)」があります。少額投資非課税制度の愛称で投資を促す目的で2014(平成26)年1月に始まりました。

 銀行などに特定の非課税口座を開設することで、年間120万円(最長5年間)を上限に、株式投資や投資信託の値上がりによる利益や配当にかかる税金が非課税となる制度です。例えば、株式売却益には通常約20%の税金がかかりますが、この制度を活用すれば限度額の範囲内であれば税金が課税されなくなります。

 1人1口座に限定されていることや非課税期間が投資の年から5年間に限られていること、20歳以上などの条件はありますが、少額の投資を始める場合には大きなメリットを受けることができます。

 また、16年からは子どもの将来のために両親や祖父母が年間80万円を限度に積み立て運用できる「ジュニアNISA」も始まりました。NISA同様、5年間の運用益が非課税となると同時に、お子さまやお孫さんの将来への投資としても活用できます。

 (東邦銀行金融商品営業部)