知りたい金融用語【MBO】現代版「のれん分け」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 「マネジメント・バイアウト」の略で、経営陣買収を指します。子会社(事業部門)の経営陣が事業の継続を前提に、親会社やオーナーから株式や経営権を買い取り、自らがオーナーとなって独立する手法です。経営陣など内部の人が買収するため、友好的買収という側面が強く、現代版「のれん分け」と言われます。

 具体的には、グループの経営方針により親会社が子会社や事業部門を切り離す際、第三者に売却せず、子会社の経営陣がその株式を取得し、親会社から独立するものです。国内では1990年代後半から浸透し始め、業績不振企業の抜本的改革や事業再編、株式非公開(上場廃止)に転じるための手段などに活用されています。

 子会社の経営陣からすれば経営の独立性を保て、迅速な意思決定などができるようになります。子会社にとっても経営戦略の再構築やニューマネー投入のチャンスが得られ、親会社は後継者への経営権の移譲や保有株式の現金化などが期待できます。

 (東邦銀行法人営業部)