【知りたい資産運用(3)】 「NISA」長期保有銘柄を

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 資産運用では非課税枠を賢く活用していくことが重要です。最近注目されているのが、NISA(少額投資非課税制度)です。

 株式投資信託や上場株式の売買益、配当金が通常の口座で2割課税されますが、NISA口座では非課税となります。非課税枠は今年から年間120万円、非課税期間は5年間、投資枠は最大600万円です。一度購入したファンドなどを売却した場合は、非課税投資枠の再利用ができませんので、非課税枠を有効に活用するため長期保有できる銘柄選びがコツです。

 1月に開設されたジュニアNISAの口座は、お子さまやお孫さんの将来に向け、親権者らが代理で資産運用する制度で4月から運用を始めました。非課税枠は年間80万円、非課税期間は5年間、投資枠は最大400万円で、18歳まで払い出し制限がありますが、親子で仲良く資産運用はいかがですか。

 当行でも4月1日からNISAやジュニアNISAのキャンペーンを取り扱っています。

 (東邦銀行金融商品営業部担当部長・関根敦)