【12月22日付編集日記】冬至

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 きょうは二十四節気の一つで、1年中で最も日が短くなる「冬至」。福島市の日の出は午前6時50分、日の入りは午後4時23分で、昼の時間は夏至より5時間13分も短い

 ▼冬至にカボチャを煮て食べたり、ユズ湯に入ったりする風習は、体調を整えるための昔からの知恵だ。カボチャは免疫力をアップさせるカロテンなどの栄養素を豊富に含む。ユズ湯は乾燥肌の予防や、血液の循環を活発にする効果があるという

 ▼冬至を境にして日脚が徐々に伸びていくことにちなんだ「一陽来復」という言葉がある。陽気が復(かえ)るということから、つらい時期がようやく過ぎて、何ごとも良くなり、発展していくという意味で使われる

 ▼冬の料理に彩りを添えるユズは、県内でも栽培されている。しかし現在も、原発事故の影響により出荷や収穫を制限されている地域がある。農家が一日も早く、一陽来復を感じられるよう願わずにはいられない

 ▼冬至は暦の上では冬の真ん中に当たるが、寒さが厳しくなるのはこれからという意味で「冬至冬なか冬はじめ」とも言われる。今年の冬はこれまでのところ暖かいが、今週末には寒気の影響で気温が下がるとの予報もある。風邪などひかないよう注意したい。