【1月11日付編集日記】成人の日

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 きのうは晴れ着やスーツ姿の若者たちの笑顔が各地で咲いた。きょうの「成人の日」を前に、県内でも多くの市町村で成人式が行われた。晴れて大人の仲間入りをした皆さんに大きなエールを送りたい

 ▼最近の若者たちはどちらかといえばおとなしいとの印象を受けるが、秘めた情熱があることが分かった。調査会社マクロミルが新成人を対象に行った調査によると「自分たちの世代が日本の将来を変えていきたいか」との質問に、6割強が「はい」と答えた

 ▼新成人は東日本大震災と原発事故の発生時、中学3年生で、進学や就職という人生の転機と大災害を同時に経験した。それから5年、家族や仲間との絆を信じ、復興を願いながら勉強や仕事に励んできた

 ▼「成人になると、もう聞かなくて済む言葉がある。『子供は黙っていろ』である」。作家の伊集院静さんがエッセーに書いている。そして「だから主張せよ」と続ける。反対されても、無視されても、理不尽を感じても「シュンとするな」と

 ▼これからの日本を創造するのは若い力だ。新成人の皆さんはその中核を担う。力を蓄え、臆せず、自分の考えを主張できる大人になってほしい。もちろん相手への思いやりも忘れずに。