【2月3日付編集日記】スギ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 子どもの頃、短く切って筒にした篠(しの)竹の中にスギの実を詰め、竹ひごで押し出して遊んだ。うまくいった時は勢いよく実が飛び出す。「スギ鉄砲」だ。心地よい音が今も耳に残る

 ▼スギ鉄砲作りに必要なものは篠竹を切る際の小刀ぐらい。身の回りの植物を使って気軽に楽しめる遊びの一つだった。「杉の実」は秋の季語。「杉の花」は春の季語だ。その雄花は花粉症の原因物質とされている

 ▼日本でスギ花粉とアレルギーの関連が発見されたのは1965年という。医学研究者が栃木県・日光のスギが手入れされずに放置され、膨大な量の花粉を放出して鼻炎の一因となっていることを突き止めた(川名英之著「世界の環境問題―第10巻日本―」緑風出版)

 ▼気になる今年のスギ花粉だが、飛散は例年より早まりそうだ。日本気象協会の予測によると、東北では昨年夏の気温が高くなるなど飛散が増える条件がそろっているという。特に、太平洋側では過去10年の平均よりやや多くなるとしている

 ▼スギ鉄砲の出来栄えを競い合った遊びは子どもの頃の楽しい思い出だが、大人になってからは、毎年のようにその花に悩まされ続けている。スギの実の"弾"を受けた時の痛さもよみがえる。