【2月16日付編集日記】明るい老後をめざす

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 高齢化が急速に進む日本、そして県内だが、老後にやってくるであろう三つの不安「3K」というのがあることを最近知った

 ▼その3Kとは「健康は大丈夫か」「金の心配はないか」「孤立する懸念はないか」で、それぞれの頭文字から取ったようだ。3Kと言えば「きつい」「汚い」「危険」の「3K職場」に似たような言い回しだが、中身はかなり違う

 ▼長年の不摂生で、いつまで健康でいられるか自信がない。雑誌の記事などは「ゆとりある老後を過ごすためには1億円が必要だ」などとあおるが、現役時代は住宅ローンや教育費などに金がかかり、1億円をためることなど夢物語。絵に描いたような会社人間だったために地域に溶け込めず、孤立感を深める。そんな男性も多いのだという

 ▼友人たちと上手に時間を使い、近所づきあいにもそつがない奥さんに比べて、退職した旦那さんの行き場は少ないのだとも

 ▼しかし冒頭の3Kから語尾にある「か」の一文字を取れ去れば、「健康は大丈夫」「金の心配はない」「孤立する懸念はない」―と不安は雲散霧消する。素晴らしい先輩方がたくさんいる。先を考えて暗くなるよりも、明るい老後を目指していまを頑張ることが先決か。