【4月1日付編集日記】エープリルフール

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 きょうから4月。新しい年度の始まりは、暮らしにかかわる身近なサービスや制度の変わり目ともなる

 ▼医療や国民年金、税制などで負担増になる改正が行われたほか、一部の食品の値上げも家計にのしかかってくる。さまざまな見直しの中で、少しでも負担を減らそうと知恵を絞りたいのが、電力小売りの全面自由化か

 ▼これまでは、大きな工場などは電気の購入先を選べていたが、一般の家庭も小売りの電気事業者を自由に選んで電気を購入できるようになった。ここで気を付けたいのが、悪徳商法。国民生活センターによると今年に入ってから消費者からの相談が急増している

 ▼電力会社を装って、自由化とは直接関係のない高額な機器を売り付けようという営業行為や、契約の説明を十分にしなかったり個人情報を聞き出そうとする事例もあるという。電力の小売りは登録制になっており、県消費生活センターは勧誘を受けた際には登録事業者かどうかの確認を、と呼び掛けている

 ▼新しいサービスや制度に便乗した詐欺まがいの電話や勧誘行為はなくならないと、覚えておかねばならない。ついても許せる嘘(うそ)にかつがれる「エープリルフール」は親しい間柄の中だけでたくさんだ。