【4月5日付編集日記】コミュニケーション

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 新たな人との出会いや交流が始まる4月。大事にしたいのがコミュニケーションの在り方だろう。教育学者の斎藤孝明治大教授は著書「コミュニケーション力」の中で「コミュニケーションの基本は、あくまでもお互いの言いたいことをしっかりとつかみ合うことにある」と説く

 ▼厚生労働省の若年者雇用実態調査では、企業が社員の採用選考で重視する点は「コミュニケーション能力」「勤労意欲・チャレンジ精神」「マナー・社会常識」がトップ3。組織の一員として仕事をしていく能力を求めているようだ

 ▼県の新採用職員への辞令交付式で新職員の代表は「県民の声に寄り添いながら、活気ある福島を目指して全力で取り組む」と誓った。仕事への希望と情熱を胸に官公庁や企業で新生活を始めた新人たちの姿は、実にすがすがしい

 ▼作家城山三郎は「初心を持ち続ける夫婦ほど幸福であるという事実を、会社でも考えていい」(「猛烈社員を排す」)と諭した。会社や職場も、新人を迎え入れたこの時期の「初心」を忘れることなく、新たな年度のスタートを切りたい

 ▼そのためにも、「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」を忘れずに。意思の疎通が、職場を潤してくれる。