【6月17日付編集日記】イチロー世界最多安打

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バット一筋、孤高の剣客―。長嶋茂雄さんは著書の中で、米大リーグ、マーリンズのイチロー外野手をこう称し「生み出す記録の比較の対象が大リーグ史すべてをカバーするなどという途方のなさ。こんな選手は他に見当たらない」と絶賛する

 ▼寡黙で、常に最善のプレーをするための準備を怠らない、そんな侍のようなイチロー選手が海の向こうでまたも快挙を成し遂げた。ピート・ローズ氏が持つメジャー記録の4256安打を日米通算で上回った

 ▼きのう行われた試合では最初の打席で内野安打を放って記録に並ぶと、球史に残る4257安打は右翼線上に運ぶ技ありの二塁打だった。いかにもイチロー選手らしい演出ではないか

 ▼ただ大リーグでは日米通算での安打数は参考記録とされ、公式記録にはならない。それでもスタンドの観客が総立ちして祝福した光景は、間違いなくイチロー選手が世界一の打者だと認められた証しに見えた

 ▼野手ではメジャー現役最年長の42歳にしてバットの切れ味は鋭くなるばかり。メジャー通算3000安打にもあと21まで迫った。球史を塗り替えていく「レジェンド」の姿をこの目で見ることができるのは幸運であり日本人として、とても誇らしい。