【6月21日付編集日記】勝利の「ドンワッセ」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ドンワッセ―。将来のJリーグ入りを目指し、今季から始動したプロサッカーのいわきFCイレブンは、勝利後のピッチでいわき市の夏の風物詩「いわき踊り」を披露、掛け声に喜びを込めた

 ▼J昇格への最終ステージ・日本フットボールリーグ(JFL)につながる第52回全国社会人サッカー選手権県大会初優勝後の一コマ。「いわきらしさ」を発信しサポーターと喜びを共有したいと、勝利セレモニーに取り入れた

 ▼いわき踊りは、市民が一体となって踊れる共通の踊りを―と、地域の踊りを参考に考案され、毎年踊られている。イレブンはサポーターらの手ほどきを受け、同大会の準決勝で初披露。この時はうまく踊れなかったが、決勝で見事に踊った

 ▼いわきFCは「サッカーを通し社会を豊かにする」ことを掲げる。同市に経済効果をもたらす取り組みとして8月30日まで、同市の商業ビル「ラトブ」で、米スポーツ用品メーカーの商品や、いわきFC関連グッズの販売ショップを出店。出足は好調という

 ▼同選手権は8月に東北予選会、10月には全国大会と続いていく。勝利の「ドンワッセ」がピッチに響けば、その相乗効果で、いわき、そして本県のブランド力もアップする。