【8月21日付編集日記】サイバスロン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 五輪の熱気もようやく冷めるであろうと思われる10月、スイスで身体に障害のある人々のための競技会が開かれる。「サイバスロン」というイベントで今年が初の開催。電気制御される高度な義手・義足などを駆使してレースを行う

 ▼来月開かれるパラリンピックがアスリートとしての肉体の能力を競うのに対して、サイバスロンでは肉体と工学の融合を競う。例えば下肢不自由者の場合、パラリンピックでは鍛え上げた腕の力で車いすを走らせるが、サイバスロンでは動かない足の筋肉に電気刺激を与えて足を動かし、車いすをこぐ

 ▼ロボット産業が盛んな県内では、サイバスロンに注目している関係者も多いかもしれない。特殊な義手で細かいものをつかみ、運ぶという作業を、制限時間内にいかに多くこなすかという種目もある。技術進歩の力を助けに、困難に打ち勝とうとする姿は感動的だ

 ▼リオデジャネイロ五輪は、日本時間であす閉会式を迎える。壁を破るため、少しでも高く、速く、遠くへという選手の強い意志と向上心が私たちを勇気づけた

 ▼だれもが100メートルを9秒台で走れるわけではない。自分のできる範囲で全力を尽くすことが尊い。そのことに改めて気付かされる。