【2月20日付編集日記】宅配便

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 インターネットで買い物をするときに配達時刻を指定するかどうか迷うことがある。宅配ドライバーの大きな負担になるだろうとの思いがあるからだ。かといって留守で二度手間になってはとも

 ▼運送業界がドライバー不足と高齢化に苦しんでいる。国土交通省によると、通信販売の増加で宅配便は約30年間で9倍以上に急増した。コンビニに商品を届ける配送量も増え続け、人手不足に拍車が掛かるばかりだ

 ▼来月12日から自動車の運転免許に「準中型」が新設される。配送車の多くは普通免許で運転できる大きさだが、近年は保冷設備などを備えることで総重量がかさみ、普通免許で運転できる範囲を超えるため、中型免許が必要になっていた

 ▼しかし中型を取得するには年齢が20歳以上で、運転経験2年以上という受験資格の壁があり、高校新卒者は即戦力になることができなかった。準中型は18歳以上であれば普通免許がなくても取得できる

 ▼ドライバー不足の解消や若者の就職促進のために準中型の登場を前向きに受け止めたいが、若年トラックドライバーの増加に対応した交通安全教育や事故防止対策の徹底が求められる。もちろん宅配便の時刻指定など利用する側の心遣いも。