【3月20日付編集日記】春彼岸

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 「大空に春の雲地に春の草」(高浜虚子)。きょうは「春分の日」。福島市の阿武隈川ではイヌフグリが土手を空色に染め、北を目指すハクチョウが羽を休める

 ▼冬らしい冬だった。吾妻の山々の残雪はかなり多く、種まきうさぎの姿はまだ見えない。ただ、「暑さ寒さも彼岸まで」といわれる。寒暖を繰り返して春らしさが増していく。うさぎが現れるのももうすぐだ

 ▼吾妻山では冬季閉鎖からの再開通に向けて磐梯吾妻スカイラインの除雪作業が本格化している。雪が少なかった昨年と違い、今年は雪の壁が5メートルに達するという。急ピッチで作業を進め、4月上旬には冬の眠りから目を覚ます

 ▼桜前線はほぼ平年並みに進む見通しだ。日本気象協会の開花予想によれば、間もなく九州をスタート。県内はいわき市小名浜に4月6日、福島市は同9日に桜の便りが届く見通しだ。富岡町では桜の名所である夜の森地区の桜並木が7年ぶりにライトアップされる

 ▼県内は広く、会津には雪が残るが、彼岸獅子があちこちで舞われ、芽吹きの季節の到来を告げている。祝日法は「春分の日」を「自然をたたえ生物をいつくしむ」日とする。身近なところにやって来ている春を見つけてはいかが。