【12月19日付編集日記】雪国のくらし

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 スキー場近くに建てた山小屋で冬を過ごした作家の中野孝次さんは、雪に閉じ込められた暮らしを「経験した者でなければわからない」と随筆に書いている。窓も戸口も雪に埋まった山小屋での雪ごもりを生々しく描写している

 ▼家をたたく吹雪、梁(はり)がきしむ不気味な音に「自然の圧倒的な存在を感じる」と記している。屋内にいるとはいえ吹雪にさらされたような状況に中野さんは文明の力の限界にまで思いが及んでいる。よほど凄(すさ)まじい雪の暴威だったらしい

 ▼雪ごもりを重ねた中野さんでも雪国の人の心情は計り知れないとするほど、雪国の冬には厳しいことも多い。豪雪地域にある西会津町は町民に冬を安全に生活してもらうため冊子「冬の暮らしガイド」を作った

 ▼冊子には除雪作業の安全対策や除雪の支援制度、相談窓口、投雪マナーなどをまとめた。町内では昨冬、雪害などが続いたこともあり、町内全世帯に配布し、安全確保に役立ててもらう

 ▼中野さんが「この世の景色とは思えない」というまで感動したのは、吹雪がやんで青空が現れ、雪面に朝日が差した風景だ。言い尽くせないほど雪国の魅力は多いが、まずは雪から自分を守る細心の注意を忘れないことが肝心だ。