【6月17日付編集日記】父の日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 1円切手の肖像で有名な前島密は「日本近代郵便の父」。得意の空手チョップで日本中を熱狂させた力道山は「日本プロレス界の父」と呼ばれる。各界で先駆的な役割を果たして「父」なる称号を受けた人は多い

 ▼本県にも多くの先達がいる。安積野の原野を開墾した中條政恒は「安積開拓の父」。常磐炭田を発見した片寄平蔵は「いわき石炭産業の父」、初の洋式牧場の経営に成功した会津藩士広沢安任は「日本近代畜産の父」とたたえられる

 ▼きょうは「父の日」。5月の「母の日」よりも歴史は浅いが、ともに米国生まれの記念日だ。男手一つで6人の子どもを育て上げた父に感謝する日を、という娘の願いをきっかけに始まった

 ▼6月第3日曜日に行う国が多いが、各国同じではない。韓国は儒教の国らしく「両親の日」として5月に祝う。豪州は9月でバーベキューなどを楽しむアウトドアの日としても定着している。由来や過ごし方、プレゼントも各国さまざまだ

 ▼「父の日の忘れられをり波戻る」(田川飛旅子)。定着度は母の日とは比べようもないが、一家を背負う"孤独な奉仕者"は背中で語る。「悲壮なる父の為にもその日あり」(相生垣瓜人)。あなたにとって父親とは。