【5月28日付社説】オバマ氏広島訪問/「核なき世界」へ誓いの日に

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 戦後71年がたち、現職の米大統領が、被爆地を初めて訪問した。「5・27」。「核なき世界」へ、人類が着実に歩みだす新たな誓いの日としたい。

 主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席したオバマ米大統領の広島訪問が実現した。

 人類史上初めて核兵器を実戦使用した国のトップが、核廃絶を訴え続けてきた被爆者の思いに誠実に応えた決断といえよう。

 オバマ氏が平和記念公園で被爆者らを前に表明した所感で、「核兵器なき世界」への強い決意が確実に発信された。「5・27」を歴史的な日と後世に刻むためには、世界中から核兵器をなくすという強い決意を人類が共有し、協働しながら歩を進めることが大切だ。

 それにはまず、オバマ氏が2009年に行ったプラハ演説以後、停滞している核軍縮の機運を再び高めていくことが肝要になる。国際社会の協調が不可欠だ。

 安倍晋三首相は、オバマ氏の訪問を「核兵器なき世界の実現への力となる」と評した。世界唯一の被爆国として、核廃絶に向けて日本が果たす役割は大きいと肝に銘じなければならない。

 米国内では原爆の投下を正当化する世論が根強い。大統領の被爆地訪問に違和感や反発を覚える国民も少なくない。そうした中でのオバマ氏の英断だ。

 謝罪を求めるよりも、核兵器の廃絶に一歩でも近づけば―。オバマ氏の訪問とメッセージを受け入れた多くの被爆者や遺族の思いは、何より重い。

 われわれは、憎悪や怨念は報復を生み、報復はさらなる報復を呼び込むことを知っている。

 被爆者や遺族も苦しみや悲しみを乗り越え、あるいは心の中に封印し、それでも核兵器の廃絶と戦争を繰り返してはならないことを、希求してきた。

 オバマ氏は「(原爆投下の)8月6日の苦しみは消えるものではない」と思いをはせた。被爆者と交わした会話や、原爆資料館で触れた原爆被害の実相を世界に発信することが、被爆者の思いに応えることになる。

 オバマ氏が平和記念公園の原爆慰霊碑に献花し、追悼の意を表した意義は大きい。広島、長崎をはじめ、先の大戦で失われた全ての罪のない命に対する慰霊と受け止められる。国際社会が、不戦の誓いを新たにする機会としなければならない。

 オバマ氏の広島訪問は、日米関係の深化の象徴と捉えたい。国際社会の一層の安定と成長につなげることが重要だ。