「出場枠」女子最大10人、男子8人 スピードスケート日本代表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国際スケート連盟(ISU)は14日、各国・地域が獲得した来年2月の平昌冬季五輪のスピードスケートの出場枠を発表し、日本は女子が最大の10人、男子は8人が出場できることになった。

 女子は3枠の500メートル、1000メートル、1500メートル、3000メートル、2枠の5000メートルとマススタートと、全種目で最大の数を獲得した。男子は長距離以外の種目で最大数を確保したが、1万メートルで逃した。11、12月のワールドカップ(W杯)4大会の結果で決まった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手