宮原知子が全日本フィギュア「4連覇」 初の五輪代表に決まる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フィギュアスケートの平昌冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権第3日は23日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、代表2枠を争う女子はショートプログラム(SP)2位の宮原知子(関大)がフリーで逆転して合計220.39点で4連覇し、初の五輪代表に決まった。女子の4連覇は2006年~09年の浅田真央以来となった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる