平昌フィギュア代表は男子・羽生、宇野、田中、女子・宮原、坂本

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フィギュアスケートの平昌(ピョンチャン)冬季五輪代表が24日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた全日本選手権後に発表され、3枠の男子は五輪2連覇に挑む羽生結弦(23)=ANA=と昨季世界選手権2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が順当に選ばれた。2枠の女子は宮原知子(19)=関大=と坂本花織(17)=シスメックス=に決まった。

 羽生は右足首のけがで全日本選手権を欠場したが、昨季世界選手権優勝など抜群の実績で選出された。宇野は全日本選手権を合計283.30点で2連覇し、初の五輪代表に決定。男子の3人目は2位の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=が選ばれた。

 女子で全日本選手権を4連覇した宮原は、2位の坂本とともに初の五輪代表となった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場