「スピードスケート」平昌代表決定 精鋭!男子8人、女子8人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本スケート連盟は30日、スピードスケートの平昌(ピョンチャン)冬季五輪代表として、女子は500メートルと1000メートルで金メダルが期待される小平奈緒(相沢病院)や1500メートルなど4種目に出場する高木美帆(日体大助手)ら8人、男子は4度目の五輪となる500メートル日本記録保持者の32歳、加藤条治(博慈会)ら8人を選んだ。

 今季世界記録を連発する女子団体追い抜きは高木美、姉の高木菜那(日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、菊池彩花(富士急)がメンバーとなった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場