男子・遠藤尚、平昌五輪代表『有力』 スキーモーグルW杯2位

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は10日、米ユタ州ディアバレーでモーグル第5戦が行われ、男子の遠藤尚(しょう)(27)=忍建設、猪苗代高卒=が84.44点で自己最高に並ぶ2位に入り、2季ぶり8度目の表彰台に立った。女子の星野純子(リステル)は予選落ちした。

 遠藤は平昌(ピョンチャン)五輪を最後に現役引退の意向を示している。五輪出場が決まれば、7位入賞の2010年バンクーバー、15位に終わった14年ソチに続き3度目。五輪代表の決定までにも大会は残るが、今季W杯では2度の4位入賞も果たしており、この日の2位で五輪に大きく近づいたと言えそうだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場