スキー・平昌五輪代表11人発表 45歳・葛西は8度目の出場へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 全日本スキー連盟は11日、平昌冬季五輪代表選手のうち11人を発表し、ジャンプの男子は葛西紀明(土屋ホーム)ら5人、女子は金メダルの期待がかかる高梨沙羅(クラレ)や伊藤有希(土屋ホーム)ら4人が選ばれた。

 葛西は初出場した1992年アルベールビル大会から連続の代表入りで、冬季五輪史上単独最多の8度目の出場となる。

 ジャンプ男子は葛西のほか、小林潤志郎(雪印メグミルク)陵侑(土屋ホーム)の兄弟が初代表となった。ジャンプの日本勢で五輪の同一大会に兄弟で代表となるのは初めて。4大会連続の伊東大貴(雪印メグミルク)、3大会連続の竹内択(北野建設)も選ばれた。女子は岩渕香里(北野建設)勢藤優花(北海道ハイテクAC)が初めて代表入りした。

 アルペンは男子回転で2006年トリノ大会7位の湯浅直樹(スポーツアルペンク)が3度目の代表入り。距離女子は石田正子(JR北海道)が選ばれた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手