遠藤尚が決意「最後の五輪で金メダル」 地元・猪苗代で壮行会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
町民らを前に、五輪への決意を語る遠藤選手=26日午後、猪苗代町

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪日本代表に選ばれたフリースタイルスキー・モーグル男子の遠藤尚(27)=忍建設、猪苗代高卒=は26日、猪苗代町農村環境改善センターで開かれた激励会・壮行会に出席し、育った町に活躍を誓った。前後公町長が「町民に雄姿を見せてほしい」と激励。町や県体育協会などから激励金や花束が贈られた。

 遠藤は「ここまで良い状態で調整できている。けがをしたときも、町の人には温かい言葉を掛けていただいた。猪苗代出身選手として、恩返しのためにも、この最後の五輪で金メダルを取って戻れるように頑張りたい」と決意を述べた。

 笠間義幸後援会長、佐藤京治猪苗代高校長らがエールを送り、町民が応援歌を合唱、活躍を願った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場