【フロムコリア】バス見つけるの『案外苦労』 寒さに耐え待つ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
各会場をつなぐシャトルバスはアルファベットと数字でルートを表記している

 五輪観戦や関係者の移動手段として無料シャトルバスが運行されている。

 アルファベットと数字で行き先が表記してある。自分が乗りたいバスのバス停の場所と英数字を覚えれば簡単なはずだが、ターミナルには複数のバス停があり、見つけるのに案外苦労する。9日の開会式ではバス乗り場に長蛇の列ができた。記者も寒さに震えながらバスを待ち、満員のバスを乗り継ぎ約3時間。ホテルに着いた時には日付が変わっていた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる