スピード女子1000・小平「銀」高木美「銅」 複合個人・渡部暁「銀」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 平昌冬季五輪第6日の14日、スピードスケート女子1000メートルで小平奈緒(31)=相沢病院=が銀メダル、高木美帆(23)=日体大助手=が銅メダルを獲得し、冬季五輪で日本女子が獲得したメダルは15個となった。個人種目で同時に表彰台に複数が上がるのは、女子では夏季を通じても日本初の快挙。

              ◇

 ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで前回ソチ五輪に続いて銀メダルに輝いた渡部暁斗(29)=北野建設=は複合日本勢で初めて、個人種目で複数のメダルを獲得した。今季はワールドカップ(W杯)で4連勝を含む1シーズン自己最多の5勝を挙げるなど調子を上げ、平昌に乗り込んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン