【フロムコリア】旧正月「ソルラル」で五輪会場周辺がにぎわう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
平昌のオリンピック村を訪れる大勢の観光客

 五輪会場周辺や街中の人出が増えた。平日にもかかわらずだ。調べると韓国は15~18日は旧正月「ソルラル」だと知った。

 日本ではなじみが薄いが、中国の「春節」のようにアジア圏では旧正月を祝う方が一般的とのこと。実家に帰省したりするのが慣習だというが、五輪開催中とあって会場を訪れる人が増えたようだ。

 現地メディアでは連日、韓国代表の活躍が報じられ、盛り上がりも増している。日本のメダル獲得数(15日現在)は銀4個、銅3個。開催国に負けない声援を日本からも届けてほしい。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場